2009年02月18日

村上春樹 - 壁と卵

村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチが池田信夫blogに載っていて自分で訳してみた。拙い訳ですがよかったらどうぞ。


私は小説家としてエルサレムに来た。すなわち嘘の紡ぎ手として。

嘘をつくのは小説家だけではない、政治家や外交官もつく(大統領には申し訳ないが)。
しかし、小説家の嘘と他の嘘には違いがある。
私たち小説家は嘘をついても訴えられることはなく、賞賛される。
またその嘘が大きければ大きいほど賞賛させる。

小説家の嘘と他の嘘の違いは、小説家の嘘は真実を見出す手助けをしているという点だ。
ある実体の真実を掴むのは非常に難しいので、小説家はそれを架空の世界に変える。
しかしまず最初に小説家は自分自身の嘘のどこに真実があるのかをはっきりさせる必要がある。

今日私は真実を伝えにきた。私が一年の内、嘘をつかないのは数日だけです。今日はその数日のうちの一日です。

私はこの賞を受け取るかどうか聞かれた時、ガザの戦闘のことで忠告された。
そして自分自身に問いました。イスラエルに行くことは正しいのか?片方に加担することにならないだろうか?

私は少し思う所があり、来ることを決めました。
私は他の多くの小説家と同様に、自分に言われたことの正反対の立場をとることが多い。それは小説家として自然なことでしょう。小説家は自分の目で見て、自分の手で触ったものしか信じない。だから私は見ることを選んだ。何も言わないよりここで話すことを選んだ。

もし硬く高い壁があり、卵がその壁にぶつけると壊れてしまうなら、どんなに壁が正しく、卵が間違っていようと私は卵の側に立つでしょう。

なぜなら私たちはみんな卵で、壊れやすい卵の中に固有の魂を持っている。
私たちはみな高い壁と向き合っている。
高い壁とは私たちに普通は適さないことを強制的にやらせるシステムなのです。

私が小説を書く唯一の目的は、個人の神々しいまでのユニークさを描き出すためです。ユニークさを喜ぶために。そしてシステムが私たちを縛り付けるのを防ぐために。だから私は人生や愛についての物語を書きます。人々に笑ってもらい泣いてもらうために。

私たち人間個人はもろい卵だ。壁はとても高く、暗く、冷たく、壁に対してなんの希望も持てない。壁と戦い、ぬくもりや強さを求めるため魂を繋げ、ひとつにする。
私たちは自分たちで作ったシステムにコントロールされるのを許してはいけない。
それは他ならぬ私たちが作ったものなのだから。

私の本を読んでくれたイスラエルの人々に感謝します。
私はこの場が意義のある場になることを望んでいます。
そのために私はここに来たのだから。



卵と壁という架空の例え話で説明するあたりが小説家らしいですね。

スピーチを断ったり、戦闘について触れない方が村上さんにとって楽な選択だったでしょう。
イスラエルのために困難な選択をした村上さんを誇りに思います。

村上さんの本を読みたくなってきた。
買いに行こう。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。