2009年02月26日

こういう人大好き

「原君、どこ行ってもうたんや・・・」の見出しで始まるこのページ。
捜索願のページではありません。求人情報ページです。

こんなに書いてる人が見えてくる求人情報ページは初めてです。


5年前に入社した原君は、全然仕事をしません。
履歴書には、うちには勿体ないような経歴が書かれていたので採用しましたが、
ふたを開けてみたら、
タバコを吸いに出たらいつまでたっても職場に戻ってこないし、
お願いした図面を一ヶ月かかっても描き上げることができないし、
製品テストを任せてもいい加減でお客さんから大目玉を食らうし、
全く困ったもんなんです。
でもね、もう50を過ぎる彼を首にしてしまったら、
次に雇ってくれるところはないんじゃないかと思って、我慢しています。


人が良すぎるだろうとも思うけど、


公募で採用しても原君のような人しかきません。
それでも、それぞれの長所をうまく活かしてやれば、
大手にだって負けないすごいもんが作れたりします。


人を活かすことがうまいんだなぁ。
さらにこの会社を一番信用できると感じた部分は


募集の背景:
正直なところ数年前まで、社員の高齢化が進んできたこともあって、将来に不安を感じる部分もありました。
しかし、幸い現技術部長でもある息子の雅士が
一通り仕事を任せることができるくらい成長してきたこともあって将来の見通しも明るくなってきました。

この不況で我々製造業は大きな打撃を受けていますが、
当社においてはシャープさんなどの大手からの大型受注もあって、
大きな影響は受けず、安定した成長を続けています。

今後は無理に事業を拡大していこうとは考えていませんが、もう少し高度な領域へも踏み込んでいく考えです。
そのためには、ポテンシャルの高いフレッシュな人材が必要です。


現状をありのままに書いてる感じ。

ワークスのインターンで会社の求人チラシを作成する課題があったけど、
その時の作成の仕方は、まず会社が欲しい人材に合わせてターゲットを決め、
そのターゲットが食いつくような見出しにして・・・という感じでした。

前はそういったやり方が合理的で良いと思っていたし、正解だとも思っていました。
ただ、最近は正直に伝えることが上手い広告に勝つこともあるんじゃないかと思います。

ちなみにこの広告で20,30台の応募者が殺到、1週間で70人も応募があったそうです。
最後のこの文章も本心から出てるのが伝わってくる。

※1人でも多くの方とお会いしたいと思っています。
 あなたとお会いできる日を楽しみにしています。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。