2009年02月10日

進路ガイダンス

今日情報学類の進路ガイダンスがあった。
どうせまたつまらない話聞かされるんだろうなーと思いつつ行ってみたら意外といい話だったので、ここにも書いてみます。


大学院の説明もあったけど、いいと思ったのは就活の話です。

その話してた先生が実際にあちこちの会社の人事の人と話したりする中で、
学力に関しては筑波大学のレベルなら一流の大企業でもまったく問題ではなく、
そういった大企業が面接などで本当に聞きたいのは以下の4つのことだということがわかったらしい。


  • 大学で何に力を入れたか

  • リーダーシップを発揮した経験はあるか

  • 興味を持っていることは何か

  • この会社に入って何をしたいか



そしてこの4つのことを引き出す質問があちこちにちりばらまれていて、
一貫性を持った自分のストーリーで論理的に答えられるかどうかを見ている。
自分で実際に体験したこと、本気で思っていることじゃないと一貫性を持たすことは難しいだろう。

大企業は子会社を多く持つので本社の人間は強いリーダーシップを発揮できなければいけない。
さらに興味がその会社とマッチしていて、その会社でやりたいことがあるという人でないと会社も働く人も幸せになれないだろう。

という話でした。
もう就活ってこれに尽きるんじゃないかと思いました。
特に「自分が興味のあること」「自分のしたいこと」をはっきりさせて、それに合う会社を探すことだと思います。

年収で会社を選んで面接に受かるためにいろいろ策を弄するのは間違っている。
誰かが「デキるやつかどうかを見極めるにはとっさに嘘がつけるかどうかを見る」と言っていた。

嘘が破綻しないということはある程度論理的思考能力があるかどうかの目安にはなると思うけど、論理的思考能力が高くてもその会社のために頑張って働くかどうかはわからない。

会社への気持ちの強さが同じくらいなら論理的思考能力が高い人を採るかもしれないが。


大事なのは「この会社はいい会社で、ここで大いに仕事をしてみたい」という会社を探して、その気持ちを面接で伝えることだ。

恋愛と一緒ですね。本当に好きじゃないと気持ちは伝わらないだろうし、愛し合わないと幸せになれない。ある程度年齢やルックス(就活の場合は学歴や技術にあたる)で判断される部分もあるということまで似ている...



この記事へのコメント
非常に興味深く読ませていもらったわ!!
Posted by taisu-ke- at 2009年02月11日 23:58
mixiからこんにちは。

この前面接受けたけどまさにこの通りだな、と。

自分が興味のあること、自分のしたいことをはっきりさせて、それに合う会社を探すこと

これだこれ。これに尽きると面接受け終わって思ったわー。
Posted by さちうす at 2009年02月12日 16:27
>たいけすさん
どうも~!

>さちお
ね、これに尽きるよね。なのに面接対策本がいっぱい出てるのが不思議。
Posted by しゅんしゅん at 2009年02月17日 20:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。